TOP

心に出来た隙間を風俗で埋めたときの切ない男の体験談です…

ソープの単純な理屈は嬢の可愛さです

ソープ嬢を指名するかどうかの理屈ははっきり言ってそんなに難しいものではありません。むしろとても簡単ですね。ずばり、可愛いのか可愛くないのかって点のみと言っても良いでしょう。これはもう理屈じゃないんです。男の本能と言っても良いんじゃないですかね。可愛い女の子相手であれば手間暇を惜しみませんし、どんなことでってもそれなりに我慢できるのが男ってものです。
だから大宮のソープ(https://fuzoku.jp/saitama/a_2070/biz_2/)では基本的には可愛い女の子を指名するよう心掛けています。その方が自分も前向きな気持ちになれますし男としても可愛い女の子に相手をしてもらえているってことで自尊心まで満たされるような気がするんですよね。自尊心まで満たされればその分満足度だって高まりますので、結局は大宮でもソープで遊ぶときには可愛い女の子を指名しておいた方が無難だなって答えに行き居つくようになりました。
可愛い女の子を前にしてテンションが上がらない男なんてそうそういないんです。まさに「可愛いは正義」ですよ。

時には大宮のソープでアグレッシブにならないと

草食系とか言われていますけど、別に性欲がないって訳ではないんですよね。むしろもっともっといろんなことをして楽しみたいって気持ちも持っているんですけど、いかんせん面倒って気持ちも強いんですよ。
だから風俗やソープにしても興味がないわけではないんです。むしろ興味はあるんですけど仕事との兼ね合いを考えるとなかなか利用出来ないって所が本音なんですよね。暇だけどお金だけが余っているような状況であれば、例えば近くの大宮でソープを存分に楽しみたいって思っています。でも実際にはあまり利用出来ないんですけど、それでも時折時間を見つけては一応は多少なりともソープを楽しめているんですよね。
やっぱりソープって行くと楽しいですし、それこそ時にアグレッシブな姿勢を見せないと何だか本当に草食系になってしまうような気がするんですよ(苦笑)仕事では別に男の部分を必要とされていないので出す必要はありませんけど、いつでも男になれるように時には大宮のソープでトレーニングです。